PSVRレビューブログ PS VR Navi

PS VR Navi
2016/09/27
psmove2

PS VRでPS Moveコントローラー(PS4)は買わなくてOK!PS Move新型と旧型の違いとは?

PlayStation®VRの発売に伴い、PS VRのプレイにPlayStation®Moveモーションコントローラーが必要だと思っている人が多いようです。

PS MoveコントローラーはPS VRのプロモーション映像などにも良く出てくる、先端に光る球状のライトがついたスティック型コントローラー。
シューティングゲームやVRライブでライトを振るゲームなどでPS Moveコントローラーを使っているのを見て、「え?PS VRってPS Moveが必須?」と戸惑っている人も多く見かけます。

そこで、PS VRをプレイするのにPS Moveコントローラーが必須かどうか、またPS VRと同時に発売されるPS Moveコントローラー(新型)について解説します。

結論:PS Moveコントローラーは買わなくてOK!

まず結論から言うと、PS VRをプレイするのにPS Moveコントローラーは買わなくて大丈夫です。

もちろん、あった方がPS Move対応のゲームをより楽しめるとは思いますが無くてもプレイ自体は可能です。
ただし、一部PS Moveコントローラーが無いとプレイできないゲームもあるので、その見分け方を説明します。

PS Move「専用」と「対応」の違いとは

こちらはPS VRのタイトルの中でも大きな話題となったデレステのVR「アイマスシンデレラガールズ ビューイングレボリューション」の公式サイトです。
psmove4

スペックの部分を見ると、
対応周辺機器:PlayStation®VR、PlayStation®Move
と、記載されています。
psmove3

「対応」とは、PS VRとPS Moveに対応している=使ってプレイする事「も」できるよ、と言う意味です。
「必須」とは書いていないので必ず必要ではなく、通常のコントローラー(DUALSHOCK®4)でもプレイ可能です。

一方、専用タイトルはどのような表記になっているでしょう。
PS3で発売されていたPS Move専用タイトル「つみきBLOQ」を見てみます。

こちらが公式ホームページの製品情報。
psmove5

PS Move専用、と記載があります。
psmove6

ちなみに、PS Storeからのダウンロードソフトではなく、パッケージソフトの場合は必ずパッケージ表面にPS Move専用のアイコンが入るので、パッケージの場合は簡単に見分けることができます。(右上のアイコン)
psmove7

「専用」とは、PS Moveが無いとプレイができない=通常のコントローラー(DUALSHOCK®4)ではプレイ不可、と言う意味です。

※余談ですが、PS VR発売日にPlayStation®Store(PS Store)で無料配信される「PlayStation VR Demo Disc」に「つみきBLOQ VR」が含まれていますが、今回は通常のコントローラー(DUALSHOCK®4)でプレイ可能です。

パッケージ版が発売される場合は、パッケージの表面を、ダウンロード版などは公式サイトの情報を良く見て「専用」なのか「対応」なのかを確認してから購入するようにしましょう。
「必ず必要なのか」「あってもなくてもいいのか」を判別することができます。

※プレイステーション公式サイトの「PlayStation®VR 必須/対応 コンテンツ」にもPS Moveの「専用」「対応」「非対応」が追記され確認できるようになりました。
PlayStation®VR 必須/対応 コンテンツ | プレイステーション®オフィシャルサイト

PS VRソフトでPS Move必須タイトルってあるの?

今のところPS VRのソフトでPS Move専用タイトルはありません。

今は記載がありませんが、今後、公式サイトのスペック記載が追加されて特定のソフトがPS Move専用となることもあるかもしれませんが、PS Move専用にするということは普通のコントローラーではプレイできなくなってしまうので、ゲーム会社としても出すメリットはあまり無いのではないでしょうか。

ソニー公式サイトの「よくあるご質問」でも

Q.PlayStation®Moveモーションコントローラーが必須のタイトルもありますか?
A.ほぼ全てのPS VRタイトルはDUALSHOCK®4でプレイ可能です。
一部のタイトルではPlayStation®Moveモーションコントローラーを使用します。

と、記載があるので、今後PS VRソフトでPS Move必須タイトルが出る可能性は無いとは言えませんが、かなり薄いと思います。

PS Move新型と旧型の違いとは?

PS VRの発売日が決まった際に発表された、SIEJAプレジデント盛田氏のビデオメッセージにさらっとこんな映像がありました。

psmove

PlayStation®Moveモーションコントローラー自体はすでに2010年に発売されています。

何故今さら改めて発売するのか!?と、このビデオメッセージを見た時にかなり驚いたのですが、PS VR発売に合わせ、今まで発売されていたPS Moveコントローラーの新型が発売されると言う話でした。

もともとPS MoveコントローラーはPS3用のコントローラーとして発売されています。
では、今回発売される「新型」はどこが違うのでしょうか?

旧型↓

PlayStationMove モーションコントローラ
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格 4,093 円
価格 9,800
商品ランキング 159 位

新型↓

PlayStation Move モーションコントローラー
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
参考価格 5,378 円
価格 9,650
商品ランキング 98 位

旧型Move(CEJH-15018)と新型Move(CECH-ZCM1JY)の違いは、新型MoveにはPS4本体と接続できるUSBケーブル(Mini-B端子)が同梱されている点です。

PS4本体にはUSBケーブル(Mini-B端子)が同梱されていないので、PS4本体と、PS Moveコントローラー単体を購入した場合、両者を繋ぐことができません。(別途USBケーブルが必要になります)
その為、今回のようにUSBケーブルを同梱することになりました。

ちなみに、PS3本体にはUSBケーブル(Mini-B端子)が同梱されているので、PS3を持っている人であればPS3本体とDUALSHOCK®3コントローラーを接続するのに使っているUSBケーブルを、PS4とPS Moveコントローラーの接続に使用することもできます。

機能的にはまったく一緒のものなので(USBケーブルがついているだけ)ビデオメッセージで新製品のように謳うのは微妙な気もしますが、「PS3を持っていなくてPS4を持っている人」がこれからも増える事を考えると今回の新パッケージの発売は必要だったのだろうと思います。

値段差がかなりあるので、これからPS Moveコントローラーを新しく買おう!と言う人は
・家にUSBケーブル(Mini-B端子)があるなら旧型でOK
・家にUSBケーブル(Mini-B端子)が無いなら新型を購入する

と、考えると良いと思います。